ソファのある部屋

温度調整のしやすさを意識した注文住宅

リンゴがおいてある部屋

建売住宅を見ていると画一的な設計が目立つので、注文住宅で自由に設計できるのは大きな魅力です。多くの人の憧れのレイアウトは、広々としたリビングです。
確かに、開放感たっぷりのリビングがあると、帰宅が楽しみになることでしょう。しかし、温度調整のしやすさも意識した作りにすることも必要です。リビングに間仕切りが一切無くとても広いと、夏や冬に苦労する事になります。部屋を冷やすときや、暖めるときに、電力も時間もかかってしまうからです。リビングと隣の部屋を扉で仕切れる設計にすると、使い勝手が増すでしょう。大勢の人を招いたときには、部屋を開け放てば広い空間を作り出せます。家族だけで過ごしていて手早く温度コントロールをしたいときには、扉をしめておけばスムーズです。
家を建てる人に人気が高いのが、南側の大きな窓です。南側に大きな窓があれば、太陽の光がさんさんと降り注ぐ明るいリビングを楽しめます。しかし、夏の日差しも意識して決定したほうがいいでしょう。夏の日差しが強い時期、窓が大きすぎるとエアコンの効き目が悪くなってしまいます。同様の理由で、リビングに大きな吹き抜けを作るのも、よく考慮したほうがいいでしょう。見栄えのよさや広さや開放感だけでなく、温度調整も意識して設計していきましょう。

UPDATE CONTENTS